未分類

熱海のカフェクラスターはどこ?飲食店の店名や住所を調査してみた

投稿日:

静岡県で、新型コロナウイルスの感染が止まりません。

静岡県熱海市のカフェで、

28日、新たにクラスターが発生したとのニュースがありました。

この記事ではどこでクラスターが発生したのか?調査していきます。

熱海のカフェクラスターはどこ?飲食店の店名や住所を調査してみた

熱海ネット新聞

によると、クラスターが発生した5人は、

高齢男性が手がける高齢者の音楽を楽しむ活動の関係者(全員熱海居住者)で、

今月17日に貸しスタジオやカラオケを備える市内の音楽カフェを高齢男性と同じ時間帯で利用した。

みなみ
スタジオやカラオケはマスクも取るでしょうし、クラスターが発生しやすいですね。

ちなみにこの店は、

県内初のクラスターが発生した熱海市のカラオケ・ラウンジ「クレッセント」、

19日に明らかになった昼カラオケの飲食店(未公表)とは別の店舗とのことです。

このクラスターの発生したお店の店名ですが、

「現時点では店名の公表はしない」とのこと。

理由としては、他の利用客を全員把握し、PCR検査や抗原検査を完了。

ほかに陽性と判明した人がいない為だそうです。

みなみ
利用客の濃厚接触者まで全てPCR検査を実施して貰いたいですね。

静岡県は7月28日、新型コロナウイルスの感染者が熱海市で新たに6人確認されたと発表した。

25日に陽性が判明した熱海市に住む会社経営の高齢男性(県165例目=熱海市17人目)の濃厚接触者。

1人は同居家族。

あとの5人はいずれも高齢男性が手がける高齢者の音楽を楽しむ活動の関係者(全員熱海居住者)で今月17日に貸しスタジオやカラオケを備える市内の音楽カフェを高齢男性と同じ時間帯で利用した。

当日はミニコンサートが開かれていたという。

27日にそれぞれ保健所から濃厚接触者の連絡を受け、帰国者・接触者外来を受診。PCR検査や抗原検査で陽性が判明し、県東部の感染症指定医療機関に入院した。6人の濃厚接触者は調査中。

この店は、県内初のクラスター(感染者集団)が発生した熱海市のカラオケ・ラウンジ「クレッセント」、

19日に明らかになった昼カラオケの飲食店(未公表)とは別の店舗。

県はこの音楽カフェで合わせて6人に感染が拡大したことから、熱海市では2件目となるクラスターが発生したと認定した。

しかし、他の利用客を全員把握し、PCR検査や抗原検査を完了。

ほかに陽性と判明した人がいないことを理由に「現時点では店名の公表はしない」としている。

熱海市の新型コロナウイルス感染者は6人増えて計25人。新たなクラスター発生でさらに増える可能性がある。

熱海ネット新聞

熱海のカフェクラスターに対する世間の声

熱海は観光地なので、クラスターが出てしまうと観光に来る人も減ってしまいますよね。

特にカラオケやコンサートなど、

大声を出したり蜜になることは今は避けた方が賢明ですよね。

-未分類

Copyright© ゆるゆる主婦のガチブログ , 2020 All Rights Reserved.