グルメ

ボジョレーヌーボー2020のキャッチコピーと出来は?アサヒ・サントリーの通販はココ!

更新日:

毎年11月第3木曜日(日付が変わった午前0時)に解禁される、ボジョレーヌーボ!

2020年は11月19日(木)に解禁となる予定ですね。

日付変更線の関係上、本場フランスよりも約8時間早く楽しむことができるんですよ!

みなみ
なんか得した気分!

毎年ボジョレーヌーボで気になるのが、

みなみ
今年の味はどうなの?なんか毎年「10年に一度の出来!」って言ってる気がする…

そんな疑問を解消していきます!

2019年のキャッチコピーと出来は?

2019年のボジョレーヌーボのキャッチコピーが気になるところですね。

日本でのキャッチコピーは、まだテレビなどで放送されていませんが、

(というか、今年はマスコミでボジョレーのことが全然取り上げられてませんね。)

ボジョレーワイン委員会のキャッチコピーは発表されました。

ボジョレーワイン委員会のプレスリリースでは、

「2019年は有望だが、生産者のテクニックが重要な年」

というキャッチコピーが発表されています!

たけし
ところで、日本でのボジョレーヌーボのキャッチコピーって、毎年大げさじゃない?

誰もが一度は思ったことありますよね!

これ実は、テレビなどのマスコミから発表されるキャッチコピーは、

メモ

ボジョレーワイン協会がその年の出来を明かにする

2019年は、「有望だが、生産者のテクニックが重要な年」

これを、SOPEXAというフランスの食品振興会が発表

日本の販売メーカーや輸入業者が表現をアレンジし、「今年のボジョレーの出来を発表」

という流れだそうです!

つまり、日本の販売メーカーや輸入業者がボジョレーヌーボを沢山売りたいが為に、

毎年大げさなまでのキャッチコピーが作られているってことですね。

みなみ
完全に納得しました!

歴代の、日本の販売メーカー&輸入業者の評価と、ボジョレーの品質評価を下に記載しています。

日本のキャッチコピーが、ハードル毎年上げすぎて、にっちもさっちもいかなくなっていく様が面白いです。笑

日本の販売メーカーや輸入業者らの評価

1983年「これまでで一番強くかつ攻撃的な味」

1985年「近年にない上物」

1992年「過去2年のものよりフルーティーで、軽い」

1995年「ここ数年で一番出来が良い」

1996年「10年に1度の逸品」

1997年「まろやかで濃厚。近年まれにみるワインの出来で過去10年間でトップクラス」

1998年「例年のようにおいしく、フレッシュな口当たり」

1999年「1000年代最後の新酒ワインは近年にない出来」

2000年「今世紀最後の新酒ワインは色鮮やか、甘みがある味」

2001年「ここ10年で最もいい出来栄え」

2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄えで1995年以来の出来」

2003年「110年ぶりの当たり年」

2004年「香りが強く中々の出来栄え」

2005年「タフな03年とはまた違い、本来の軽さを備え、これぞ『ザ・ヌーボー』」

2006年「今も語り継がれる76年や05年に近い出来」

2007年「柔らかく果実味豊かで上質な味わい」

2008年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」

2009年「過去最高と言われた05年に匹敵する50年に一度の出来」

2010年「2009年と同等の出来」

2011年「100年に1度の出来とされた03年を超す21世紀最高の出来栄え」

2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」

2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」

2014年「太陽に恵まれ、グラスに注ぐとラズベリーのような香りがあふれる、果実味豊かな味わい」

2015年「過去にグレートヴィンテージと言われた2009年を思い起こさせます」

2016年 「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい 」

2017 年「豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい」

2018年「理想的な条件の元、素晴らしいヴィンテージへの期待高まる」

みなみ
2012年あたりから身動きとれなくなって、「~年に一度の出来!」とか過剰な表現は辞めて、控えめになっていますね!
とりあえず毎年美味しいってことだな!
たけし

ボジョレーワイン委員会の品質予想

2002年「色付きが良く、しっかりとしたボディ」

2003年「並外れて素晴らしい年」

2004年「生産者の実力が表れる年」

2005年「59年や64年、76年のように偉大な年の一つ」

2006年「とてもうまくいった年」

2007年「果実味が豊かでエレガント」

2008年「フルーツ、フルーツ、フルーツ」

2009年「数量は少なく、完璧な品質。桁外れに素晴らしい年」

2010年「果実味豊かで、滑らかでバランスの取れた」

2011年「3年連続で、偉大な品質となった」

2012年「心地よく、偉大な繊細さと複雑味のある香りを持ち合わせた」

2013年「繊細でしっかりとした骨格。美しく複雑なアロマ」

2014年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」

2015年「記憶に残る素晴らしい出来栄え」

2016年「エレガントで、魅惑的なワイン」

2018年「しっかりとして味わい深く、同時になめらかで複雑」

2019年「有望だが、生産者のテクニックが重要な年」

アサヒ・サントリーの通販はどこ?

アサヒ・サントリー共に、Amazonでのみ取り扱いがありました!

通販サイトはこちらです。

アサヒのボージョレ・ヌーヴォ2019をAmazonで買う

サントリーのボージョレ・ヌーヴォ2019をAmazonで買う

みなみ
今から予約できますので、売り切れになってしまう前に予約がお勧めですよ

今予約しても、発送日は、ボジョレーヌーボ解禁日の11月21日(木)になります。

アサヒのボージョレ・ヌーヴォ2019をAmazonで買う

サントリーのボージョレ・ヌーヴォ2019をAmazonで買う

まとめ

2020年のボジョレーヌーボも楽しみですね。

各地で色々なイベントも開催され、ボジョレヌーボ解禁に向けて盛り上がること間違いなしです!

-グルメ

Copyright© ゆるゆる主婦のガチブログ , 2020 All Rights Reserved.