未分類

品川大井町駅の飲食店のクラスターはどこ?店名や住所を調査してみた

投稿日:

品川区は7月23(木)、東大井5丁目の複数の飲食店において、

店舗関係者と客が新型コロナウイルスに感染し、クラスターが発生したことを確認しました。

東大井5丁目の複数の飲食店ということで、どこの店舗か気になりますよね。

調査してみました!

品川大井町駅の飲食店のクラスターはどこ?店名や住所は?

事の発端は、

7月17日(金)、

東大井5丁目にある複数の飲食店を利用していた利用客1人がPCR検査の結果、

新型コロナウイルス陽性と判明しました。

ちなみに、東大井5丁目は、この地図の赤く囲ってある地域です。

大井町駅前の飲食店街ですね。

200店の店舗が密集している飲み屋街のようです。

近くには保育園なども多くあり、かなり人口が密集している地域です。

みなみ
陽性の客が「はしご酒」をしていたとして、多くの飲食店にクラスター化したようです

接触のあった店主等が順次検査を受け、

19日(日)から23日(木)にかけて複数の店舗関係者と客5人の陽性が判明し、クラスターと認定。

あわせて6人の陽性患者を把握したようです。

今回のクラスター発生に対応し、

7月28日(火)から当該店舗がある地域の飲食店、約200軒に対し、保健所職員による個別訪問を順次行ない、

新型コロナウイルス感染予防の注意喚起、具体的対策の呼びかけを行うようです。

ちなみに、7月28日現在、店名の公表はされていませんでした。

みなみ
被害の最小化を求めます。

品川大井町駅の飲食店のクラスターに対する世間の声

かなり密集している飲み屋街で、「はしご酒」をしているお客さんが多いです。

「地域クラスター」として、調査中です。

-未分類

Copyright© ゆるゆる主婦のガチブログ , 2020 All Rights Reserved.